マイナンバーの医療への影響

マイナンバー制度をより便利にするマイナポータルを知る

看護師が紹介するマイナンバー制度のアレコレ!

このホームページについて

都内で看護師をしている私は、導入前から医療に関係するマイナンバー制度を調べていました。私と同様、医療従事者はその内容が気になると思います。まだマイナンバー制度をよく知らない人は、このサイトで知識を増やしてみてください。当サイトのお問い合わせ先はこちらです。

新着記事

便利なマイナポータルについて

便利なマイナポータルについて

マイナンバー制度を快適に利用

マイナンバー制度の基本が理解できたなら、今度はマイナポータルについて知っておきましょう。マイナンバー制度はマイナンバーによって社会保障や税金関連の手続きが簡素化されますが、その利便性をより高めるにはマイナポータルの活用が必要となります。マイナンバーを活用する事はさほど無いと思っている人でも、何かのタイミングで自分の情報を確認する事もあるかと思います。今までは情報を得るだけでも面倒な事が多く、1度に複数の情報を得ようとすると半日がかりでした。また、役所と税務署が近隣に無い場合は移動にも時間がかかります。マイナポータル活用によってこれらの面倒から解消されるのなら、手続きが苦にならないでしょう。では、マイナポータルとは何か説明していきます。

マイナポータルとは

マイナポータルとは、自宅のパソコンからマイナポータルにログインし、パソコン上で各種行政機関が持っている自分の情報を開示する事ができます。その他、行政機関等から1人1人に合った行政サービスのお知らせを確認する事も可能です。高齢者や障害者はパソコンを使えない人が多いですし、パソコンを所有していない人もいます。しかし、そこに配慮して公的機関に専用端末の設置を検討しているようです。
マイナポータルの利用は平成29年1月からのスタート予定となっています。マイナンバー制度はすでに開始されましたが、マイナンバー制度適応には多くのシステムを対応させなければなりません。その為、各行政機関のマイナンバー連携を制度開始から1年後に定めたのです。ちなみにマイナンバー制度も、最初の1年は税金や雇用保険の実務のみの利用しかできません。

マイナポータルのセキュリティ対策

パソコンで各種手続きができるといっても、どうしても気になるのはセキュリティです。番号ひとつで全ての個人情報が開示されるマイナンバーに不正アクセスがあっては大変な事になります。では、マイナポータルのセキュリティはどのようになっているのでしょうか。
マイナポータルにログインする為にマイナンバーを入力してしまっては、不正アクセスや漏洩の元になってしまいます。ですので、マイナポータルのログインにはマイナンバーを使用せずに、個人番号カードを利用した個人認証システムの導入を予定しています。個人番号カードにはICチップを使用し、そこに記録されている電子情報とパスワードの組み合わせで本人認証するシステムです。これによってプライバシー保護に配慮した高度な本人認証が実現できます。ただし、個人番号カードを持っていない人は自分の情報を取得できません。その為、書面による情報開示も検討されているようです。

マイナンバーについて知っておこう

マイナンバーで何が便利になるのか

医療費控除のレシートが不要になる
医療費控除のレシートが不要になる

医療費控除は、高額な医療費がかかった人には頼りになる制度です。しかし、従来は医療費のレシートや領収書を紛失してしまうと控除が受けられない事もありました。しかし、医療情報を紐付けされたマイナンバーがあれば、レシートや領収書を紛失しても申請の手続きが可能となります。

医療情報の共有で便利になる
医療情報の共有で便利になる

医療現場におけるマイナンバー制度導入は、医療や看護に関る人へのメリットが多くあります。医療を円滑に行える内容や、医療費削減につながる動きや医療費免除の内容もあります。問題点としてはマイナンバー流失に伴う個人情報漏洩が懸念されていますが、高度なセキュリティ対策が予定されています。

利便性の向上が期待される
利便性の向上が期待される

マイナンバー制度導入で生まれるメリットは、各行政機関や医療機関で行う手続きが簡素化され、効率が上がる部分にあります。また、日本国民の公平・公正さを図る事もできる制度です。今は予定とする制度も多いですが、今後の制度導入にも期待がかかります。