マイナンバーの医療への影響

医療現場にも導入されるマイナンバー制度を知っておこう

看護師が紹介するマイナンバー制度のアレコレ!

このホームページについて

都内で看護師をしている私は、導入前から医療に関係するマイナンバー制度を調べていました。私と同様、医療従事者はその内容が気になると思います。まだマイナンバー制度をよく知らない人は、このサイトで知識を増やしてみてください。当サイトのお問い合わせ先はこちらです。

新着記事

マイナンバーについて知っておこう

導入前からその名が広く知れたマイナンバー制度ですが、制度が開始された現在でもその内容を把握していない人が多いのです。マイナンバー制度はいまだ課題が多くありますが、予定している運用が行われるようになると日本に住む人にはメリットが多くなります。しかし、メリットの裏にはデメリットも潜んでいます。マイナンバー制度を正しく知る為には、メリットとデメリット双方をよく知らなければいけないと思います。今後のマイナンバー制度の行方を見守り、正しくジャッジして行きましょう。

便利なマイナポータルについて

マイナンバーを便利に使うにはマイナポータルの利用が外せません。マイナポータルとは、パソコンからマイナポータルサイトにログインし、自分の個人情報を確認したり自分の個人情報がどこに利用されたかわかるようになっています。不正アクセスに備え高度なセキュリティ対策のもと、平成29年1月にスタートを予定しています。今まで、自分の情報を得る為には各行政機関で証明書等を請求して確認していましたが、マイナポータルが始まると簡単に自分の情報を確認する事ができます。 便利なマイナポータルについての続きを読む

便利なマイナポータルについて

利便性の向上が期待される

マイナンバー制度が導入されましたが、私たちにどんなメリットがあるのでしょうか。それは行政機関の手続き等で実感できそうです。今までは行政機関の手続きひとつでも各証明書が必要だったり、手続き終了までに時間がかかったりしていました。しかし、マイナンバー制度導入により、マイナンバーを各行政機関で共有する事ができますので手続きを効率良く進める事ができるようになりました。また、日本国民の公平・校正さを守る役割も果たします。 利便性の向上が期待されるの続きを読む

利便性の向上が期待される

潜んでいるリスクとは

マイナンバー制度導入にはメリットがありますが、同時にリスクも考えられます。マイナンバーで個人情報を一元化してしまうと、マイナンバー流失で個人情報が漏洩してしまう危険性があります。ですので厳重な管理が求められます。また、マイナンバー制度導入にはさまざまなシステムを対応させなければいけませんが、その費用は莫大となり初年度では3,000億円かかると言われていますし、企業がマイナンバーで全ての従業員管理をするとなれば、事務処理増加も覚悟しなければいけません。 潜んでいるリスクとはの続きを読む

潜んでいるリスクとは

海外事例から見るマイナンバー犯罪

マイナンバー制度は日本だけの制度ではありません。同じ制度ではありませんが1948年にイギリスから始まり、以来ヨーロッパ各国やアメリカ、東南アジア各国も類似した制度を導入しています。ですので、日本のマイナンバー制度導入は出遅れていると言えます。しかし、先に個人番号制度を導入したアメリカや韓国では、制度を悪用した犯罪が増えています。この犯罪事例は、これからマイナンバー制度を広げる日本にとって学ぶ事が多い事例になると思います。 海外事例から見るマイナンバー犯罪の続きを読む

海外事例から見るマイナンバー犯罪

マイナンバーで何が便利になるのか

医療費控除のレシートが不要になる
医療費控除のレシートが不要になる

医療費控除は、高額な医療費がかかった人には頼りになる制度です。しかし、従来は医療費のレシートや領収書を紛失してしまうと控除が受けられない事もありました。しかし、医療情報を紐付けされたマイナンバーがあれば、レシートや領収書を紛失しても申請の手続きが可能となります。

医療情報の共有で便利になる
医療情報の共有で便利になる

医療現場におけるマイナンバー制度導入は、医療や看護に関る人へのメリットが多くあります。医療を円滑に行える内容や、医療費削減につながる動きや医療費免除の内容もあります。問題点としてはマイナンバー流失に伴う個人情報漏洩が懸念されていますが、高度なセキュリティ対策が予定されています。

利便性の向上が期待される
利便性の向上が期待される

マイナンバー制度導入で生まれるメリットは、各行政機関や医療機関で行う手続きが簡素化され、効率が上がる部分にあります。また、日本国民の公平・公正さを図る事もできる制度です。今は予定とする制度も多いですが、今後の制度導入にも期待がかかります。