マイナンバーの医療への影響

医療現場におけるマイナンバー制度で変わる事

看護師が紹介するマイナンバー制度のアレコレ!

このホームページについて

都内で看護師をしている私は、導入前から医療に関係するマイナンバー制度を調べていました。私と同様、医療従事者はその内容が気になると思います。まだマイナンバー制度をよく知らない人は、このサイトで知識を増やしてみてください。当サイトのお問い合わせ先はこちらです。

新着記事

マイナンバーで医療はどう変わるか

マイナンバー制度導入は、私たち国民の暮らしに大きな影響を与えます。中でも医療現場のマイナンバー制度導入は、メリットも多くなります。個人の医療情報が全ての医療機関で共有できれば、日本全国どこでも効率良く治療が受けられますし、検査や投薬の重複が無くなり医療費の削減にも繋がります。また、医療等の免除が受けられる内容もあり、制度導入に期待が高まっています。これらの医療現場におけるマイナンバー導入による影響については、専門のキュレーションサイト等で情報収集しておくと良いでしょう。

医療情報の共有で便利になる

マイナンバーに医療情報を紐付けする事ができるようになると、患者の治療を効率良く行う事が可能となります。今までは複数の科で受診する人は検査が重複したり、転院する際には転院先の病院で新たに検査し直して治療計画を立てていました。しかし、マイナンバー制度が導入されれば、検査結果を同病院内や各医療機関で共有する事が可能となり、無駄な検査や投薬をする事が無くなります。また、持病を持つ人が旅行先等で持病が悪化した場合でも、マイナンバーひとつで情報を得られますので旅行先で適切な治療を受ける事ができます。
医療情報の共有で便利になるの続きを読む

医療情報の共有で便利になる

医療費控除のレシートが不要になる

医療費控除を受ける際は医療費の領収書やレシートが必要となり、紛失してしまった場合は医療費控除が受けられなくなります。しかし、マイナンバー制度導入によって健康保険組合や国民健康保険窓口から届く通知書を確認する事ができますので、領収書やレシートの必要性が無くなる可能性があります。しかし、通院や入院でかかった交通費等の領収書やレシートは従来通り必要です。また、確定申告時も保険料支払総額をマイナンバーで確認する事ができますので、申告が楽になります。 医療費控除のレシートが不要になるの続きを読む

医療費控除のレシートが不要になる

総合合算制度で患者の負担が減る

総合合算制度とは、医療、介護、子育て、障害福祉の4分野の利用総額に一定の上限をつけ、上限を超える金額がかかった際に免除が受けられるマイナンバー制度です。この上限は各世帯によって取り決めます。また、この制度によって医療情報を各医療機関同士で共有化する事ができますので、投薬の重複や検査の重複が無くなり、医療費削減にもつながります。しかし、現在は軽減税率導入の財源確保の為、総合合算制度は見送りとなっています。双方どちらも欠かして欲しくない制度ですが、この先の展開を見守るしかないようです。 総合合算制度で患者の負担が減るの続きを読む

総合合算制度で患者の負担が減る

保険証との一体化が検討される

医療現場のマイナンバー制度導入によって、個人番号カードに健康保険証が付与されるようになります。健康保険証が付与されれば、更に病院利用が便利になってきます。個人番号カードのみで医療情報の共有化や医療費の確認、総合合算制度の申告等の簡素化ができます。しかし、健康保険証が付与されると、多くの医療関係者がマイナンバーを扱う事になる為、個人情報流失のリスクも高まります。その為、今後は病院内でのマイナンバーの取り扱いは慎重にならざるを得ません。 保険証との一体化が検討されるの続きを読む

保険証との一体化が検討される

介護分野への導入で何が変わるか

介護の現場も行政手続きが多くなります。高額療養費等の決定や高額医療、高額介護合算制度に関する手続きや養護老人ホーム利用負担額の決定手続き等さまざまな手続きがありますが、これらの手続きもマイナンバー制度導入で簡素化されます。また、2018年から運用が予定されている「医療ID」で、健康保険証や介護保険証、年金手帳を一体化する事ができたり、要介護者の状態を確認する事もできます。しかし、認知症の人が自分でマイナンバー管理ができない事が問題となっています。 介護分野への導入で何が変わるかの続きを読む

介護分野への導入で何が変わるか

マイナンバーで何が便利になるのか

医療費控除のレシートが不要になる
医療費控除のレシートが不要になる

医療費控除は、高額な医療費がかかった人には頼りになる制度です。しかし、従来は医療費のレシートや領収書を紛失してしまうと控除が受けられない事もありました。しかし、医療情報を紐付けされたマイナンバーがあれば、レシートや領収書を紛失しても申請の手続きが可能となります。

医療情報の共有で便利になる
医療情報の共有で便利になる

医療現場におけるマイナンバー制度導入は、医療や看護に関る人へのメリットが多くあります。医療を円滑に行える内容や、医療費削減につながる動きや医療費免除の内容もあります。問題点としてはマイナンバー流失に伴う個人情報漏洩が懸念されていますが、高度なセキュリティ対策が予定されています。

利便性の向上が期待される
利便性の向上が期待される

マイナンバー制度導入で生まれるメリットは、各行政機関や医療機関で行う手続きが簡素化され、効率が上がる部分にあります。また、日本国民の公平・公正さを図る事もできる制度です。今は予定とする制度も多いですが、今後の制度導入にも期待がかかります。